ページの先頭です。

ページ内移動用のリンクです。
このページの本文へ移動します。
グローバルメニューへ移動します。
サポートメニューへ移動します。
フッターメニューへ移動します。
ホームへ移動します。

システム思考・ループ図事例

経済編

原油埋蔵量の減少(2)

【状況説明】

すでに発見された原油を確認埋蔵量として計測するのに対し、まだ発見されていない埋蔵量を未発見埋蔵量といいます。発見をすることによって、確認埋蔵量が増える一方、未発見埋蔵量は減少します。発見量が多ければ多いほど、未発見埋蔵量は減少します。

石油会社は、優れた技術力を駆使して、今までに多くの油田を発見してきました。最初のうちは、まだ近くに残っている調査をしていない地域を調査することで、比較的簡単に発見ができました。しかし、残されている実発見埋蔵量が減少するに従い、発見はだんだん難しくなります。残り少なくなった資源を、人の居住域からより遠く離れた場所や、海深くまで調査しないといけないからです。それにしたがい、発見にかかるコストは上昇していきます。

発見コストが上昇すると、同じ発見にかける投資金額をかけても、発見できる量は減少します。

これらの因果関係は、投資に対するリターンの逓減を表し、発見を重ねれば重ねるほど、未発見埋蔵量が減り、それに従い発見コストが上昇する結果、年々の発見量は徐々に減少していくのです。

ループ図を見る
前回のループ図とあわせて見る

システム思考に関するセミナーのご案内

ソーシャルインパクトを測る(MSI)
社会変革のためのシステム思考セミナー
チェンジ・エージェントアカデミー
ラーニング・ジャーニー

チェンジ・エージェント メールマガジン

システム思考や学習する組織の基本的な考え方、ツール、事例などについて紹介しています。(不定期配信)
登録、解除は、下記のフォームにメールアドレスをご入力ください。(必ず半角でご入力ください)

登録  削除
powered by メール配信CGI acmailer

バックナンバー

2014/04/01〜現在