ページの先頭です。

ページ内移動用のリンクです。
このページの本文へ移動します。
グローバルメニューへ移動します。
サポートメニューへ移動します。
フッターメニューへ移動します。
ホームへ移動します。
社会に貢献するプロジェクト

途上国におけるリーダーの育成

チェンジ・エージェントでは、途上国のサステナビリティ分野で活躍するリーダーの育成プロジェクトに積極的に支援、協力しています。

途上国女性リーダーの支援

『成長の限界』ほか多くの本やエッセイを書き残したシステム思考家、ドネラ・メドウズの功績を称え、2002年から途上国のサステナビリティ分野で活躍する女性リーダーを支援する「ドネラ・メドウズ奨学生」制度が発足しました。チェンジ・エージェント社は2011年からこのプログラムの再興を助け、資金を集めながら、若手リーダー向けの能力開発プログラムのデザイン、運営をしています。2011年から2015年までに、22カ国27名の奨学生(女性24名、男性3名)を選抜し、トレーニング、メンター・プログラムなどを提供しています。

donella_fship.png

関連記事:
ドネラ・メドウズフェローシップ2015

海外でのリーダー育成:

◯ 海外リーダー向け研修

JICA主催の「太陽光研修」「プロジェクト・マネジメント研修」「専門家赴任前研修」「海外職員研修」などを担当してきました。「太陽光研修」研修においては、アジア、アフリカ、中南米から研修で来日したエネルギー政策担当の役人や電力会社の社員、NGOリーダーらを対象にシステム思考を活用して各国での再生エネルギー普及戦略を策定するセッションを担当しました。また、東アフリカの大学ネットワークのメンバーに対して、農業開発や環境保全のためのプロジェクト策定に関する課題を俯瞰し、戦略や利害関係者間のアライアンス戦略を練るプロジェクト・マネジメント研修を担当しました。

dev_leaders.png

関連記事:
「世界の再生可能エネルギー政策立案者たちとシステム思考で共に学ぶ」

◯ インドネシアでのリーダーの育成支援/協働プロジェクト

インドネシアでは、2008年より現地NGOと協力してNGOリーダー、コミュニティリーダーの育成を支援してきました。例年、能力開発のためのワークショップ開催と合わせて現地での貧困や環境破壊の現状について学ぶラーニングジャーニーを開催しました。例えば、インドネシアのボルネオ島の中部カリマンタン州などを実際に訪ね森林破壊によって追われたオランウータンや、森林を守るために活動する人たち、森林の周辺で生活を営む人たちを訪ねて、途上国での人材開発のニーズや現況について学びました。また、別のワークショップで発案されたバイオエネルギー普及プロジェクトに資金を提供し、農民によるエネルギー開発プロジェクトの協働を実施しました。

Orangutan .png

関連記事
インドネシアへのラーニングジャーニー
インドネシア出張報告
アフリカからの研修生とインドネシアの現地プロジェクト