ページの先頭です。

ページ内移動用のリンクです。
このページの本文へ移動します。
グローバルメニューへ移動します。
サポートメニューへ移動します。
フッターメニューへ移動します。
ホームへ移動します。
社会に貢献するプロジェクト

マルチステークホルダー・ダイアログ

i_svc_msd.png

チェンジ・エージェント社は、国内外の社会課題、環境課題などに関する多様な利害関係者間の対話(マルチステークホルダー・ダイアログ)のデザイン及びファシリテーションを行っています。

食のサステナビリティ

食料システムや食に関わるビジネスの未来を考えるサステナブル・フード・ビジネス研究会(主催)にて、これらの問題について食料のサプライチェーンのさまざまな立場から考え、対話を重ねて私たちができることについて探求しました。i_svc_msd_01.png

関連記事:
「フードロスについて考える」~なぜロスがでつづけるのか、私たちに何ができるのか~
「世界の飢餓と私たちの食について考える」
「日本の里山と生物多様性への課題と取組み」
「食ビジネスを通じた海外貢献」

「未来教育会議」

2014年3月より有志によるマルチステークホルダー会議「未来教育会議」に関わる機会をいただきました。さまざまなセクターから集まった、教育のこれからの未来を考えんとする70名余の志ある人たちが、さまざまな教育の現実や未来へのタネなどを見つめ、対話を重ねていきました。

関連記事:
未来教育会議での変容型シナリオ・プランニング(TSP)

未来教育会議 Webサイト

エネルギーに関する対話(グループ会社イーズ)

福島原発事故の後、エネルギー問題に関する関心や対立が深まりました。グループ会社のイーズは、原発の賛成派から反対派までそれぞれが意見を表明し、聞き合うことを旨とした「私たちの環境・エネルギー会議」の発足に参画し、各地での対話を促しました。また、経産省のエネルギー基本問題委員会の委員を務めた際に、国民的な議論や対話を促すために、討論型世論調査(DP)を推進し、また周縁の声なき声を政治家や官僚に届けるために、「女性の視点からエネルギーを考える~エネ女の集い」、「若者の視点からエネルギーを考える~エネ若の集い」などを開催しました。また、東京電力の原発再開について「推進派」「反対派」が町を二分していた新潟県柏崎市で、未来に向けた対話のプロセスを支援を行いました。

イーズ Webサイト 関連ページ