ページの先頭です。

ページ内移動用のリンクです。
このページの本文へ移動します。
グローバルメニューへ移動します。
サポートメニューへ移動します。
フッターメニューへ移動します。
ホームへ移動します。


Change Agent News

Events & Seminars

一覧へ

News & Topics

一覧へ
2018年11月14日

アダム・カヘンの新著とセミナーからの学び(後編)

(前編はこちら) 「全体」は一つか? いつ協働すべきかを見いだしたら、ついでどのように協働すべきかについて考えます。アダムは、従来型コラボレーションにおいてごく当然とされていた前提が効果を出さずもしろ...
続きを読む
2018年11月13日

アダム・カヘンの新著とセミナーからの学び(前編)

アダム・カヘンの新著とセミナーからの学び アダム・カヘンは、新著『敵とのコラボレーション』が発刊される機に来日し、出版記念セミナーを行いました。「同質ではない他者たちといかに協働するか」という課題に...
続きを読む
2018年11月10日

『社会変革のためのシステム思考実践ガイド』日本語版まえがき(後半)

システム思考の新たな実践ガイドを11月16日に上梓します。ソーシャルセクターで注目を集める「コレクティブ・インパクト」の実践書となっています。 著者はピーター・センゲらと共にコンサルティング会社を設立...
続きを読む
2018年11月09日

『社会変革のためのシステム思考実践ガイド』日本語版まえがき(前半)

システム思考の新たな実践ガイドを11月16日に上梓します。ソーシャルセクターで注目を集める「コレクティブ・インパクト」の実践書となっています。 著者はピーター・センゲらと共にコンサルティング会社を設...
続きを読む
2018年11月09日

小田理一郎×横山十祉子さん対談【1】システムアウェアネスとは?~身体性から複雑性と全体像を知る~

「システムアウェアネス」と学習する組織は相性がよく互いに、補完関係にある手法とも言えます。リーダーシップ開発や組織開発の分野では、心や身体からのアウェアネスを高めるアプローチへの注目が高まっています。...
続きを読む
2018年11月08日

気候変動イニシアティブに参加しました

気候変動対策に積極的に取り組む企業や自治体、NGOなどの情報発信や意見交換を強化するための、ゆるやかなネットワークとして、「気候変動イニシアティブ(JCI:Japam Climate Inisiat...
続きを読む

Books

一覧へ
敵とのコラボレーション――賛同できない人、好きではない人、信頼できない人と協働する方法

敵とのコラボレーション――賛同できない人、好きではない人、信頼できない人と協働する方法

アダム・カヘン(著)小田 理一郎 (監訳) 東出顕子(訳)
出版社: 英治出版
家庭でも、職場でも、ビジネスでも、ウィン- ウィンや相互互恵を目指して始まった二者間や多数の関係者たちとの営みが、いつの間にか意図せず敵対関係に陥ってしまうことを経験したことはないでしょうか? わた...
社会変革のためのシステム思考実践ガイドー共に解決策を見出し、コレクティブ・インパクトを創造する

社会変革のためのシステム思考実践ガイドー共に解決策を見出し、コレクティブ・インパクトを創造する

ディヴィッド・ストロー(著)小田 理一郎 (監訳) 中小路佳代子(訳)
出版社: 英治出版
ソーシャルセクターで注目を集める「コレクティブ・インパクト」の実践書。 ピーター・センゲらと共にコンサルティング会社を設立して学習する組織の実践を重ねた著者のディヴィッド・ストローが関わった豊富な社...
「学習する組織」入門――自分・チーム・会社が変わる 持続的成長の技術と実践

「学習する組織」入門――自分・チーム・会社が変わる 持続的成長の技術と実践

小田 理一郎 (著)出版社: 英治出版
世界的なベストセラー『学習する組織』をもとに、基礎のポイントに絞って5つのディシプリンの原則と手法を紹介するとともに、各ディシプリン毎に事例と演習、実践上よくある課題、最前線での実践もまじえて、学習す...
資料請求・お問い合わせ

チェンジ・エージェント メールマガジン

システム思考や学習する組織の基本的な考え方、ツール、事例などについて紹介しています。(不定期配信)
登録、解除は、下記のフォームにメールアドレスをご入力ください。(必ず半角でご入力ください)

登録  削除
powered by メール配信CGI acmailer

バックナンバー

2014/04/01〜現在
特別セミナー「ソーシャルインパクトを測る」
システムアウェアネス