ページの先頭です。

ページ内移動用のリンクです。
このページの本文へ移動します。
グローバルメニューへ移動します。
サポートメニューへ移動します。
フッターメニューへ移動します。
ホームへ移動します。


Change Agent News

Events & Seminars

一覧へ

News & Topics

一覧へ
2018年08月17日

アダム・カヘン招聘特別セミナー2018メールマガジン登録サイト

世界50カ国以上で企業の役員、政治家、軍人、ゲリラ、市民リーダー、コミュニティ活動家、国連職員など多岐に渡る人々と共に、解決困難な課題に対するプロセスのデザインやファシリテーションに携わることで世界...
続きを読む
2018年08月03日

石巻ラーニングジャーニーを終えて

 7月7日~8日宮城県石巻市でのラーニングジャーニーを開催しました。今年は10名の参加者の皆さんとともに、石巻で個人、組織、地域のそれぞれの立場から復興に取り組まれている方々の話を伺いました。  次の...
続きを読む
2018年07月11日

システム思考とロジカルシンキング

 システム思考をご理解頂くにあたって、ロジカルシンキングとの比較を通じて説明してみたいと思います。まず前提として、ロジカルシンキングがイマイチで、システム思考が素晴らしいという話ではない事を強調します...
続きを読む
2018年06月25日

システム思考のプロセス~体験事例から考える~

 システム思考は、今ある現実を深く探求する思考法です。そのプロセスは、ループ図を書いて終わりではありません。ループ図を書いてからの対話や内省に価値があります。私自身の例を用いてそのプロセスを紹介します...
続きを読む
2018年05月30日

リーダーシップ探求の旅~ラーニング・ジャーニー~

ラーニング・ジャーニーとは? ラーニング・ジャーニーは、参加者グループがいくつかの現地現場を訪ね、現実の課題に直面する当事者や実践者等からストーリーを聞きながら、今起きているさまざまな現実を観察し、...
続きを読む
2018年05月16日

小田理一郎×横山十祉子さん対談【3】システムアウェアネスのメリット~気づきと学習スピードを高めリーダーシップ能力を磨く

組織論のグールーであるピーター・センゲ氏曰く、学習する組織とは、「目的に向けて効果的な行動をとるための意識(アウェアネス)と能力(ケーパビリティ)を継続的に伸ばし続ける組織」です。個人及び集団としての...
続きを読む

Books

一覧へ
「学習する組織」入門――自分・チーム・会社が変わる 持続的成長の技術と実践

「学習する組織」入門――自分・チーム・会社が変わる 持続的成長の技術と実践

小田 理一郎 (著)出版社: 英治出版
世界的なベストセラー『学習する組織』をもとに、基礎のポイントに絞って5つのディシプリンの原則と手法を紹介するとともに、各ディシプリン毎に事例と演習、実践上よくある課題、最前線での実践もまじえて、学習す...
世界はシステムで動く ―― いま起きていることの本質をつかむ考え方

世界はシステムで動く ―― いま起きていることの本質をつかむ考え方

株価の暴落、資源枯渇、価格競争のエスカレート......目の前の出来事がどのような、大きな趨勢の"一角"なのか? 物事を大局的に見つめ、真の解決策を導き出す「システム思考」。ストック&フローやフィード...
なぜあの人の解決策はいつもうまくいくのか?--小さな力で大きく動かす!システム思考の上手な使い方 (単行本)

なぜあの人の解決策はいつもうまくいくのか?--小さな力で大きく動かす!システム思考の上手な使い方 (単行本)

本邦初!の本格的な、システム思考入門書。日本には、ビジネス向けの「システムシンキング」の本はいくつかありますが、システム思考の基本的な考え方から、基礎的ツールの紹介と練習、個人やグループ、組織のさまざ...
資料請求・お問い合わせ

チェンジ・エージェント メールマガジン

システム思考や学習する組織の基本的な考え方、ツール、事例などについて紹介しています。(不定期配信)
登録、解除は、下記のフォームにメールアドレスをご入力ください。(必ず半角でご入力ください)

登録  削除
powered by メール配信CGI acmailer

バックナンバー

2014/04/01〜現在
システム思考
システムアウェアネス