ページの先頭です。

ページ内移動用のリンクです。
このページの本文へ移動します。
グローバルメニューへ移動します。
サポートメニューへ移動します。
フッターメニューへ移動します。
ホームへ移動します。


Change Agent News

Events & Seminars

一覧へ

Information

一覧へ

News & Topics

一覧へ
2021年01月08日

2021年ご挨拶

新年があけました。日本では新型コロナウィルスの感染者数、入院者数、死者数の増加による緊急事態宣言が発令され、米国では現職大統領の扇動によって国会議事堂へ暴徒たちが乱入する歴史的な事件が発生するなど、2...
続きを読む
2020年12月22日

真実に正直であること

パンデミック、気候変動、構造的な人種差別や人権の抑圧などさまざまな問題が世界で起き、多くの人たちがそのネガティブな影響を受け、また、同胞たちを支援しようと多くの方たちが現場の最前線で活躍しています。一...
続きを読む
2020年10月28日

【受講者インタビュー】チェンジ・エージェント・アカデミー 第8期「社会課題解決のためのシステム思考」修了生

昨年10月に実施した第8期チェンジ・エージェントアカデミーご受講者のお一人にインタビューにご協力いただきました。この回は、社会変革をテーマにして、システム思考で現実を観たうえで介入ポイントその施策を検...
続きを読む
2020年10月26日

東洋思想から学んだチェンジ・エージェントたち(2)

「一燈を提げて暗夜を行く。暗夜を憂うること勿(なか)れ。只(た)だ一燈を頼め」(出典:『言志四録』) これは、暗い夜道をあるくのに、一つの灯さえあればそれを頼りに行けばよいという意味の一節です。西郷...
続きを読む
2020年09月18日

ピーター・センゲ及びSoLの社会課題への取り組み

9月16日、組織学習協会(SoL)コミュニティの催しにて、ピーター・センゲが話しました。集まったのは、世界に広がるSoLコミュニティのメンバーとその呼びかけに応じた人たち約100人です。 ピーターは、...
続きを読む
2020年09月08日

コロナ禍時代にメンバー間の協働をデザインする「ファシリテーション」

コロナ禍となって、職場に通勤する機会は減って在宅勤務/テレワークなどが進み、また会議やミーティングはオンラインで行われることが多くなりました。もともとインフラや慣行が整っていた職場もあれば、今回急遽整...
続きを読む

Books

一覧へ
世界はシステムで動く ―― いま起きていることの本質をつかむ考え方

世界はシステムで動く ―― いま起きていることの本質をつかむ考え方

株価の暴落、資源枯渇、価格競争のエスカレート......目の前の出来事がどのような、大きな趨勢の"一角"なのか?  物事を大局的に見つめ、真の解決策を導き出す「システム思考」。ストック&フローやフィー...
敵とのコラボレーション――賛同できない人、好きではない人、信頼できない人と協働する方法

敵とのコラボレーション――賛同できない人、好きではない人、信頼できない人と協働する方法

アダム・カヘン(著)小田 理一郎 (監訳) 東出顕子(訳)
出版社: 英治出版
家庭でも、職場でも、ビジネスでも、ウィン- ウィンや相互互恵を目指して始まった二者間や多数の関係者たちとの営みが、いつの間にか意図せず敵対関係に陥ってしまうことを経験したことはないでしょうか? わた...
社会変革のためのシステム思考実践ガイドー共に解決策を見出し、コレクティブ・インパクトを創造する

社会変革のためのシステム思考実践ガイドー共に解決策を見出し、コレクティブ・インパクトを創造する

ディヴィッド・ストロー(著)小田 理一郎 (監訳) 中小路佳代子(訳)
出版社: 英治出版
ソーシャルセクターで注目を集める「コレクティブ・インパクト」の実践書。 ピーター・センゲらと共にコンサルティング会社を設立して学習する組織の実践を重ねた著者のディヴィッド・ストローが関わった豊富な社...
資料請求・お問い合わせ

チェンジ・エージェント メールマガジン

システム思考や学習する組織の基本的な考え方、ツール、事例などについて紹介しています。(不定期配信)
登録、解除は、下記のフォームにメールアドレスをご入力ください。(必ず半角でご入力ください)

登録  削除
powered by メール配信CGI acmailer

バックナンバー

2014/04/01〜現在