ページの先頭です。

ページ内移動用のリンクです。
このページの本文へ移動します。
グローバルメニューへ移動します。
サポートメニューへ移動します。
フッターメニューへ移動します。
ホームへ移動します。


Change Agent News

Events & Seminars

一覧へ

News & Topics

一覧へ
2019年12月03日

学習する組織/システム思考に効く読書(9)新刊『システム思考がモノ・コトづくりを変える』の紹介

稗方和夫さんと高橋裕さんの書いたシステム思考の新しい書籍『システム思考がモノ・コトづくりを変える』を紹介します。筆者達は、複雑化する高度システム化社会において、モノづくり・コトづくりに不可欠な要素であ...
続きを読む
2019年11月14日

アダム・カヘン『敵とのコラボレーション』出版記念講演(2018.11.1)での質疑応答【後編】

前回に引き続き、『敵とのコラボレーション』出版記念講演会での質疑応答の後編をお伝えします。講演録3編及び質疑応答前編をご覧になりたい方は、文末のURLをご覧ください。 Q8. アダムは大変な活動を続...
続きを読む
2019年10月28日

アダム・カヘン『敵とのコラボレーション』出版記念講演(2018.11.1)での質疑応答【前編】

『敵とのコラボレーション――賛同できない人、好きではない人、信頼できない人と協働する方法』(英治出版)が発売されて、まもなく1年となります。 昨年、発刊された翌日の2018年11月1日、東京でアダム・...
続きを読む
2019年09月06日

【奨学生募集のお知らせ】チェンジ・エージェント・アカデミー第8期 「社会課題解決のためのシステム思考」

チェンジ・エージェント・アカデミー第8期 「社会課題解決のためのシステム思考」では、社会の変革を志すより多くの人に学びを得て頂きたいという想いから、奨学生を募集いたします。 以下にプログラムの概要、並...
続きを読む
2019年09月06日

学習する組織と東洋思想

先月8月29日に、「東洋思想から、リーダーとしての自分を振り返る(「論語」編)」として新コースセミナーを開催しました。東洋思想が改めて注目されている背景や学習する組織にも通じる点についてセミナーを通し...
続きを読む
2019年08月20日

つながりで生み出す大きな変化:インドネシアに広がるバイオダイジェスター

イーズ(代表:枝廣淳子)とチェンジ・エージェント(CA、代表:小田理一郎)は、世界の東西、南北のさまざまな国から集まる国際会議の気候変動の議論に12年前に参加した際に、「もしも先進国のお金の1%を発展...
続きを読む

Books

一覧へ
世界はシステムで動く ―― いま起きていることの本質をつかむ考え方

世界はシステムで動く ―― いま起きていることの本質をつかむ考え方

株価の暴落、資源枯渇、価格競争のエスカレート......目の前の出来事がどのような、大きな趨勢の"一角"なのか?  物事を大局的に見つめ、真の解決策を導き出す「システム思考」。ストック&フローやフィー...
敵とのコラボレーション――賛同できない人、好きではない人、信頼できない人と協働する方法

敵とのコラボレーション――賛同できない人、好きではない人、信頼できない人と協働する方法

アダム・カヘン(著)小田 理一郎 (監訳) 東出顕子(訳)
出版社: 英治出版
家庭でも、職場でも、ビジネスでも、ウィン- ウィンや相互互恵を目指して始まった二者間や多数の関係者たちとの営みが、いつの間にか意図せず敵対関係に陥ってしまうことを経験したことはないでしょうか? わた...
社会変革のためのシステム思考実践ガイドー共に解決策を見出し、コレクティブ・インパクトを創造する

社会変革のためのシステム思考実践ガイドー共に解決策を見出し、コレクティブ・インパクトを創造する

ディヴィッド・ストロー(著)小田 理一郎 (監訳) 中小路佳代子(訳)
出版社: 英治出版
ソーシャルセクターで注目を集める「コレクティブ・インパクト」の実践書。 ピーター・センゲらと共にコンサルティング会社を設立して学習する組織の実践を重ねた著者のディヴィッド・ストローが関わった豊富な社...
資料請求・お問い合わせ

チェンジ・エージェント メールマガジン

システム思考や学習する組織の基本的な考え方、ツール、事例などについて紹介しています。(不定期配信)
登録、解除は、下記のフォームにメールアドレスをご入力ください。(必ず半角でご入力ください)

登録  削除
powered by メール配信CGI acmailer

バックナンバー

2014/04/01〜現在
システムアウェアネス
システムアウェアネス
システムアウェアネス
システムアウェアネス
ソーシャルインパクトを測る