ページの先頭です。

ページ内移動用のリンクです。
このページの本文へ移動します。
グローバルメニューへ移動します。
サポートメニューへ移動します。
フッターメニューへ移動します。
ホームへ移動します。
社会に貢献するプロジェクト

志のネットワーク形成と支援

チェンジ・エージェント社は、国内外において、志をもつ個人や組織による実践・学習ネットワークの形成や運営を支援しています。

国内プロジェクト

サステナブル・フード・ビジネス研究会

食料システムへの深刻な影響が懸念される昨今において、世界の研究者や実践家の知見を踏まえながら、ビジネスとしてどのようにリスクを評価し、また、どのように効率的かつしなやかな食料システムの構築に貢献できるか、食に関するビジネスに携わる企業のメンバーを中心に、共に対話し、学び、考える研究会を主催。
2011年 1月より、食料システムのサプライチェーンに関わる企業とともに、サステナブル・フード・システム研究会を立ちあげ、学びを深めています。

i_svc_scl_nw01.jpg

SoLジャパン

SoL Japanは、ピーター・センゲらが設立した組織学習協会(SoL)の理念の下、日本を基盤に組織学習・組織開発の実践者によるコミュニティです。学習す る組織の原理、わざ、および実践を日本に普及促進すると共に、実践者が共に学習するための場の提供を支援しています。

SoLジャパン

清里合宿グループ

一歩下がった視点から、私たちが参加するシステムと私たち自身の役割について、ともにダイアログを行い、振り返り、全体性とのつながりを求め、それぞれの使命・ビジョン・戦略と課題を明確に認識し探求する場を、共に作ることを目的にしたクローズドの合宿を主催しています。

Teachers for 21C Skills合宿

マルチステークホルダー会議「未来教育会議」で、先生が21世紀スキルを楽しく体験的に学ぶ合宿型の研修プログラム「キャンプ21フォーティチャーズ」に関わっています

Teachers for 21C Skills合宿

海外プロジェクト

Global Association of SoL Communities (通称:グローバル・ソル)

SoL (Society for Organizational Learning)は、人々・組織・地域コミュニティの相互発展のために、組織学習の理論と実践について研究し、統合し、現実に適用することを目的とする学習コミュニティです。行動原理と行動指針を共有して、さまざまな個人と組織によって構成され世界各国に広がるネットワークを形成しています。

Global Association of SoL Communities

International Network of Resources and Information Centers(通称:バラトン・グループ)

世界中のシステム科学者やシステム規模の変革を目指す活動家が集まり、相互への深い尊敬・信頼をベースにして世界の現状について議論を重ね、共同プロジェクトを模索、創発する国際ネットワークに所属しています。

International Network of Resources and Information Centers

関連記事:2013年09月26日「バラトングループ」と途上国女性リーダーの能力開発

i_svc_scl_nw02.jpg

Sustainable Food Lab(通称:SFL)

北米、ヨーロッパ、中南米、アフリカと、4大陸にまたがる大きなプロジェクト『サステナブル・フード・ラボ(SFL)』は、持続可能な食料システムを目指す コンソーシアムです、企業や政府、NGOが集まり、ビジネスの本流における持続可能な食料システムをつくり出すことを目的としています。

Sustainable Food Lab