ページの先頭です。

ページ内移動用のリンクです。
このページの本文へ移動します。
グローバルメニューへ移動します。
サポートメニューへ移動します。
フッターメニューへ移動します。
ホームへ移動します。

サステナビリティ

i_stb_idx.png

今日本と世界では、政策課題、経営課題としての「持続可能性」が強く求められています。世界全体で私たち人間の営みによる環境への負荷は、地球が養える能力の1.4倍にまで増えており、世界の人々が今の生活を続けるには、本来地球が1.4個必要だということになります(日本だけ見れば2.4倍です)。人口増加は今世紀の半ばまで続く見通しで、今のような経済成長を求め続けると、さらにもっと多くの地球が必要となってしまいます。

しかし、地球は1個しかありませんし、その数は残念ながら増えません。私たちは今、未来の世代から資源を前借りして生き、返せるあてのない「借金」を借り続けている状況です。しかも、私たちは、生態系の劣化など地球の扶養能力そのものを減らし続けているので、その影響が世界のあちこちで見られるようにきました。

温暖化問題、食糧問題、水問題が人々の生活に被害をもたらしており、エネルギー問題も向こう5年ほどのうちに深刻化すると言われています。また、生態系の破壊が進み、生物種が急速なスピードで絶滅しており、地球上の生命はその多様性を失い始めています。その結果、、新しい環境へ適応するための重要な知識資源を失い続けています。
これらの問題への国家・国際社会の対策は今後ますます加速することが予測され、企業や自治体もその社会的責任としての取り組みが強く求められています。環境経営、CSR経営は一部の会社のものとしてではなく、すべての企業・自治体の経営課題、政策課題なのです。

私たちの未来は地球1つ分でしか賄えないのですから。

ハーマン・デイリーのピラミッド

i_stb_idx_hdp.jpg

現在の経済成長は、果たして私たち人類の幸せへとつながっているのでしょうか? 世界銀行の元チーフ・エコノミストであったハーマン・デイリーが提示する、1つのフレームワークを紹介します。

詳しく見る

テーマ別にサステナビリティを考える

食糧問題

i_stb_idx_fod.jpg

世界では、長期に及ぶ人口増加とライフスタイルの変化から食糧の消費量が増しており、それに対して生産量が追いつかなくなりはじ めています。国内の農業の状況からは想像しがたい事態でありますが、世界的な食糧問題は、その60%(カロリーベース)を輸入している日本にとって深刻な 問題となっていくことでしょう。

サステナブル・フードビジネス研究会について

詳しく見る

地球温暖化問題

i_stb_idx_gw.jpg

平均気温の上昇は、世界の各地で気候や地理を変動させ、より強度の暴風雨、洪水、干ばつ、熱波、海面上昇、生物種の減少、水不足、疫病、食糧生産量の減少などのさまざまな影響が推測されている。経済被害は世界のGDP総額の5~20%にも及ぶだろうと言われています。

詳しく見る

エネルギー問題

i_stb_idx_eng.jpg

世界では、向こう40年間ほどでエネルギー需要が倍増しようとしているのに、その間供給は現状維持がやっとかもしれない、という事態を迎えようとしていま す。省エネ大国の日本とはいえ、エネルギーの96%を輸入していますので、その影響は避けられません。日本の将来にとって、エネルギー政策はもっとも重要 な課題のひとつです。

詳しく見る

生物多様性問題

i_stb_idx_bdv.jpg

2005年に発表された「ミレニアム生態系評価」では、生物多様性への過去40年にわたる広範な損傷から生態系サービスの多くが悪化し、将来は更なる悪化 が見込まれて、人間の福利への大きな影響が懸念されています。経済的な損失は、森林サービスだけで今後50年間に世界のGDP総額の6%を失うと推定さ れ、全生態系をあわせると世界のGDP総額の15-25%に及ぶとも言われています。

詳しく見る

CSR/サステナビリティに関するセミナーのご案内

チェンジ・エージェントアカデミー
組織開発セミナー/リーダーシップ開発セミナー 「システムアウェアネス~心理学ベースの行動変革」
「学習する組織」を導くリーダーシップ~行動探求(アクション・インクワイアリー)~
組織開発セミナー「学習する組織5つのディシプリン」
システム思考トレーニング2日間集中コース
組織開発セミナー「学習する組織5つのディシプリン」

チェンジ・エージェント メールマガジン

システム思考や学習する組織の基本的な考え方、ツール、事例などについて紹介しています。(不定期配信)
登録、解除は、下記のフォームにメールアドレスをご入力ください。(必ず半角でご入力ください)

登録  削除
powered by メール配信CGI acmailer

バックナンバー

2014/04/01〜現在