ページの先頭です。

ページ内移動用のリンクです。
このページの本文へ移動します。
グローバルメニューへ移動します。
サポートメニューへ移動します。
フッターメニューへ移動します。
ホームへ移動します。

シナリオ手法(シナリオ・プランニング)

シナリオ手法(シナリオ・プランニング)とは?

i_lo_syn.jpg様々な事業環境の変化に備える上で、世界の企業や政府機関でベスト・プラクティスとなっているのが「シナリオ・プランニング」です。この手法は、複数の異なる未来の可能性を探ることで、関係者の未来に関する理解を広げ、不確実な環境変化への適切な適応策を見いだすアプローチとして活用されてきました。中でも、OPECやベルリンの壁の崩壊などの変化を予期し、的確な備えを組織内に築くことで躍進したロイヤル・ダッチ・シェルでの活用事例は特に著名です。

シナリオ手法(シナリオ・プランニング)の効果として、リスクや機会、変化の予兆を迅速に見出し適応すること、何が起こるかわからない状況下でも、もっとも粘りのある戦略や組織づくりを促すこと、そして、十分な利害関係者が集まって一緒に話し合えば、相互に望ましい未来を共創することすら可能になります。

その根底にあるのは、過去の体験に縛られたメンタルモデルから私たちを開放し、現実をありのままに受け容れつつも、苦境においてもよりよい未来を築きうるという、簡単には腰折れしない、粘り強さを私たちに与えてくれます。

神よ、変えることのできるものについて、それを変えるだけの勇気をわれらに与えたまえ。変えることのできないものについては、それを受けいれるだけの冷静さを与えたまえ。そして、変えることのできるものと、変えることのできないものとを、識別する知恵を与えたまえ。

--ラインホルド・ニーバー、 1941

シナリオ手法(シナリオ・プランニング)について

シナリオ手法(シナリオ・プランニング)が求められる背景、適応型と変容型の2種類のシナリオ・プランニング、シナリオ・プランニングの5つのステップについてなど、シナリオ手法のより詳細な内容を紹介します。

詳しく見る

シナリオ手法(シナリオ・プランニング) ケーススタディ

シナリオ手法(シナリオ・プランニング)は、組織や国レベルなど様々なレベルで活用されています。適応型と変容型という2つの異なるシナリオ・プランニングの事例を取り上げ紹介します。

詳しく見る

シナリオ手法(シナリオ・プランニング) 関連記事

システム思考メールマガジンに掲載してきたコラムやWEBサイトの中から、シナリオ・プランニングについて学ぶ上で参考としてほしい関連記事をまとめてリストアップしています。まとめ読みしたい方はどうぞこちらから!

詳しく見る

組織開発/学習する組織に関するセミナーのご案内