ページの先頭です。

ページ内移動用のリンクです。
このページの本文へ移動します。
グローバルメニューへ移動します。
サポートメニューへ移動します。
フッターメニューへ移動します。
ホームへ移動します。

システム思考・ループ図事例

経済編

世界の食料生産システム(1)

【状況説明】

過去50年間、さまざまな食料分野において、生産量が上がり続ける一方、価格は大幅に下落しました。どのような構造が、このパターンを作り出しているのでしょうか。

(人口増加と嗜好変化から)食料への需要が増加して、生産量を押し上げます。

生産者は、生産からあがる利益を再投資することによって生産能力を伸ばし、さらに生産量を増やします。

生産量の増えた生産者はマーケティングなどの努力によって需要を開拓します。また、生産者同士の激しい競争から、価格は低下し、さらに需要を刺激します。

本来ならば、価格低下によって供給が抑えられるはずですが、世界の農業ではそれが起こっていません。補助金や兼業による収入補填、代替作物への転換障壁があるからです。

生産者は価格低下に対応するために、効率を高め、規模(スケール)を拡大します。その結果、生産能力はさらに高まり、生産量があがって、さらに価格低下を招く悪循環を作り出しています。

こうして、生産量は上昇傾向を続け、価格は下落していったのでした。

ループ図を見る

システム思考に関するセミナーのご案内

東洋思想セミナー

チェンジ・エージェント メールマガジン

システム思考や学習する組織の基本的な考え方、ツール、事例などについて紹介しています。(不定期配信)
登録、解除は、下記のフォームにメールアドレスをご入力ください。(必ず半角でご入力ください)

登録  削除
powered by メール配信CGI acmailer

バックナンバー

2014/04/01〜現在