ページの先頭です。

ページ内移動用のリンクです。
このページの本文へ移動します。
グローバルメニューへ移動します。
サポートメニューへ移動します。
フッターメニューへ移動します。
ホームへ移動します。

システム思考・ループ図事例

ビジネス編

処理案件のとどこおり

【状況説明】

※この事例は、ワークショップの出席者の方から、職場での問題について投稿いただいた事例です。ここでは、いかに本来処理すべき案件数がどんどんとたまってしまうかを説明しています。

■事例説明
法令へのコンプライアンス上、報告しなければいけない案件がある。たまっている案件数この案件数は、案件数が発生することによって増加し、処理することによって減少する。

案件がでると処理作業を行うが、処理を終了するには時間がかかる場合が多い。処理件数の増加には処理の容易さが重要な要因となるのだが、コンプライアンス案件の書類は概して処理が難しいからだ。

案件がたまりはじめると、担当者の面倒くささも出てくる。そのために案件の放置するケースが見られ、この傾向は他の優先案件があると拍車がかかる。

さらに、案件がたまってくると、徐々にまとめだしの傾向が強くなってくる。その結果案件放置はさらに常態化して、処理作業はなかなか進まない。

ループ図を見る

システム思考に関するセミナーのご案内

ソーシャルインパクトを測る(MSI)
社会変革のためのシステム思考セミナー
チェンジ・エージェントアカデミー
ラーニング・ジャーニー

チェンジ・エージェント メールマガジン

システム思考や学習する組織の基本的な考え方、ツール、事例などについて紹介しています。(不定期配信)
登録、解除は、下記のフォームにメールアドレスをご入力ください。(必ず半角でご入力ください)

登録  削除
powered by メール配信CGI acmailer

バックナンバー

2014/04/01〜現在