ページの先頭です。

ページ内移動用のリンクです。
このページの本文へ移動します。
グローバルメニューへ移動します。
サポートメニューへ移動します。
フッターメニューへ移動します。
ホームへ移動します。

News & Topics

システム思考入門(15) 「システム思考の基本ツール② ループ図(2)」

前回、システムの構造を視覚化するためのループ図を紹介しました。システムに関する状況や関係者による認知、行動などを、因果関係のつながりでつなぎ合わせたものがループ図となります。変数を「同」または「逆」の因果関係でつなげて、ループ図を描いていくと、システムの構造が浮かび上がってくることを、前回説明しました。

このループ図で表されたシステムの構造の中に、要素のつながりが連鎖して元の要素に戻ってくるフィードバック・ループがあるとき、そのフィードバック・ループがある種のパターンを作り出します。変化をどんどんと強めていく力が働くのは「自己強化型ループ」と呼びます。逆に変化を安定に向けて均衡させる力が働くのが「バランス型ループ」です。

多くのシステムには、どちらか、ないし両方の種類のフィードバック・ループが混在しています。時系列変化パターングラフを作った際に見られるさまざまな変化のパターンは、複数のフィードバック・ループの組み合わせによって生じているのです。

したがって、時系列変化パターングラフとループ図は、通常照らし合わせながら使用します。システム思考での重要な習慣は、社会システムの中で変化が見られるとき、「この変化はどのようなフィードバック・ループによって生じているのだろうか?」と問いかけることです。時系列変化パターングラフに示された「今まで」・「このまま」のパターンを作り出しているシステムの構造をループ図で描きだす事ができれば、それは「望ましい」パターンを創り出すための変化の第一歩になります。(詳しくは「レファレンス・モード」としてご紹介しました。)

さて、どうすればループ図をうまく描けるようになるのでしょうか? ループ図を描くことは、「絵を描く」ようなものです。つまり、鉛筆や筆の使い方は練習をすることで覚えることができます。しかし、ひとつひとつの因果関係やそのつながり、そしてその全体像であるシステムの構造は、絵を描くときに被写体を観察するように、実際にシステムがどのようになっているかを「見る」以外に方法がありません。

状況がどうなっているか、自分はその状況から何を認知し、何を感じて、どのような行動をとっているか、自分自身で観察したり、振り返ったりして、じっくりと見ることで、ループ図を描き上げていきます。自分のループ図を描くのはまさに、「自分と向き合う」プロセスでもあります。

職場やコミュニティなど多くの人が関与するシステムについては、よくそのシステムを知っている人に聞いてみないとわかりません。自分でよく知っていると思う場合でも、ほかの人も同じようにシステムを見ているとは限りません。そのシステムが動いている現場に行って、観察したり、話を聞いたり、あるいは現場の関係者たちと一緒になってループ図を描いていくことが重要です。

さまざまな関係者にそれぞれの視点から見た風景を組み合わせて、はじめてシステムの全体像がわかるものです。いわば、モザイクのようにさまざまな人のシステムを描き出して、つなげていくことになります。

時系列変化パターングラフとループ図はとてもシンプルなので、初めてみる人にでも比較的容易に理解してもらえます。ちょっとコツをつかめば、これらのツールを使って「このままだとこうなると思っています」「私はこういう因果関係だと思う」とか、「実は、こんなふうに考えて行動していたのです」など、システムに関わるさまざまな会話を引き出すことができます。こうして、システムの複雑さを全員で理解していくことができるのです。



          #          #           #

●システム思考入門シリーズのアーカイブをごらんになりたい方はこちらをご覧ください。

●システム思考メルマガへの登録希望の方は、下記URLより、配信を希望されるメールアドレスをご登録ください。 
https://www.change-agent.jp/news/archives/000655.html

●システム思考のワークショップについて詳しくお知りになりたい方はこちらをご覧ください。

システムアウェアネス
システムアウェアネス
システムアウェアネス
システムアウェアネス
システムアウェアネス

チェンジ・エージェント メールマガジン

システム思考や学習する組織の基本的な考え方、ツール、事例などについて紹介しています。(不定期配信)
登録、解除は、下記のフォームにメールアドレスをご入力ください。(必ず半角でご入力ください)

登録  削除
powered by メール配信CGI acmailer

バックナンバー

2014/04/01〜現在