ページの先頭です。

ページ内移動用のリンクです。
このページの本文へ移動します。
グローバルメニューへ移動します。
サポートメニューへ移動します。
フッターメニューへ移動します。
ホームへ移動します。

News & Topics

『境界線は心にあって、世界にはない』/ドネラ・メドウズ

地球は全体として形成され、宇宙の中にあって連続体として存在していて、そこに境界線はありません。宇宙の中に人間の心が生まれ、その心が境界線や区別を必要としたのです。「ここ」であって、「そこ」ではない。「これ」であって、「それ」ではない。「私のもの」であって、「あなたのもの」ではない。あれが海で、これは陸と、心が考え、その間に境界線を引きます。見えるでしょう? 
地図の上でははっきりと境界線が引かれています。

しかし、言語学者の言うように、地図は現実の地形とは異なります。地図上にある線は、実際の波打ち際には見当たりません。人間が陸地の海辺に家々を建てて、海の波がそこに押し寄せて流してしまう。そこは陸ではないのだよ、と海は言う。そこは海でもないのです。地図ではなく現実の地形を見てご覧なさい。現実の地形は神聖なるものが創造しました。地図は違います。人間が作ったものなのです。現実には、陸地がここで終わり、海がここから始まるといった正確な地点は存在しません。

陸でも海でもない広大なスペースは、美しく、機能的で、肥沃です。人間はしかし、そこにある価値を見出さず、実際のところほとんど見ようともしません。なぜならそれらのスペースが心の中の線に合致しないからです。人間は海と陸の間のスペースを浚渫し、埋め立て、コンクリートを敷き、堤防を作り、排水することで、海か陸かのどちらかにはっきりさせることに懸命です。

* * * * *

「ここに境界線がある」と人間の心は訴えます。ポーランドとロシアの間に、フランスとドイツの間に、ヨルダンとイスラエルの間に。東側と西側の間に鉄のカーテンがあると。これがアメリカ合衆国の国境で、合衆国市民である「私たち」と、そうでない「彼ら」を分けている線なのだと。地図の上では、実にはっきりしています。

旧ソ連の宇宙飛行士「コスモノーツ」も、アメリカの宇宙飛行士「アストロノーツ」も(コスモノーツは「彼ら」の仲間で、アストロノーツは「私たち」の仲間)、宇宙へ行って、地球を宇宙から見たとき、そこに境界線などないことを知りました。境界線は心によってのみ作られたのです。そして、歴史を通じて心が変わるにつれて、境界線も変わるのです。

地球の時間軸では、人間の発明した境界線はめまぐるしく変わります。50年前の地図、100年前の地図、1000年前の地図は、今日の地図とはずいぶんと異なります。地球は40億年も存在しています。人間の境界線はほんの束の間の存在に過ぎません。なのに、人間はその境界線をめぐって互いに殺し合いまでしています。

国境という境界線が維持される、地球時間からみれば束の間の瞬間でさえも、移民は国境を合法にも不法にも越え、金とモノも合法、不法に行き交います。渡り鳥は国境を越え、酸性雨も越えていきます。また、チェルノブイリからの放射性物質も国境を越えます。アイデアも、音や光の速度で国境を越えます。思想警察が厳重に取り締まっているところでさえも、境界線によってアイデアの行き来が止められることはありません。どうしてそんなことが起こるのでしょうか? 境界線は、それ自体がアイデアに過ぎないからです。

* * * * *

私と、私でないものとの間には境があって、明確に分け隔てられています。少なくとも、そのように見えます。しかし、よく見てみましょう。どこに線があるのでしょうか?

もぎたての新鮮なリンゴが、朝露でまだ冷たくてシャキとして目の前にあるときは、それは私ではありません。しかしそれも、私がそれを食べてしまうまでのことです。私がそれを食べると、私はそのリンゴを育んだ土壌を食べることになります。私が水を飲むと、地球の水が私になるのです。1回1回の呼吸のたびに、私ではない空気が吸い込まれて私の一部となり、私の一部である空気がはき出されて私ではない空気となります。

もし空気や水や土壌が毒で汚染されれば、私も毒で汚染されます。境界線のない惑星という真実よりも、境界が存在するというフィクションを信じてはじめて、私は地球―それは私自身でもあるのに―を毒で汚染しようとするのです。

* * * * *

あなたと私の間には、今は境界線が存在しています。その線ほど確実な存在はないように思えます。時として、その境は一本の線どころか、深い谷のようでもあります。ぼっかり口をあけた空間があって、私はあなたにたどり着くことができません。

しかし、あなたは私の意識の中で、繰り返し現れます。あなたが遠くにいるときも、あなたの中の何かが、私のさまよう思考の中に現われ続けるのです。あなたがそばにいるときには、私はあなたの存在を感じ、あなたの気持ちやムードがどんな状態かを感じとります。そうしようと思わないときでも感じます。むしろ意識しないときに、特に、感じるのです。

もしあなたが地球の反対側にいても、私があなたの名前を知らなくても、私の知らない言葉を話していても、それでも、私があなたの写っている写真を見て、喜びにあふれていれば、私もあなたの喜びを感じます。あなたの顔に苦しみが現れていたら、私も苦しみを感じます。そうしようと思わないときでも感じます。むしろ、意識しないときに、特に、感じるのです。

あなたに注意を向けないようにするには、努力が必要です。それができたとき、無関心の壁で私の心を覆ってしまったときにはじめて、その壁の存在が、私自身の活き活きとしたエネルギーを抑え、あなたを壁としかとらえなくなります。

そして、私が注意を、とても深い注意を向けたとき、あなたの人間性に、あなたの複雑さに、あなたの現実に、自分の心を十分に開いていたときにはじめて、さまざまな認知や批判や感情のその奥に、常に、私はあなたを慈しんでいると見出すのです。

あなたと私の間の境界線でさえも、それさえも、私たち自身がでっちあげた作り物に過ぎないのです。

プレゼンテーション1.png

(c) サステナビリティ研究所
研究、教育、個人の学習の目的での利用が許可されています。それ以外の目的で
は、ドネラ・メドウズ・インスティテュートに連絡をとってください。
http://www.donellameadows.org/
(日本語訳:楠宏太郎、小田理一郎)

英語版はこちらからご覧になれます。
"Lines in Mind, Not in the World"
http://www.donellameadows.org/archives/lines-in-the-mind-not-in-the-world/


<ドネラ・メドウズ氏著作の著書>

世界はシステムで動く.jpg

「世界はシステムで動く―― いま起きていることの本質をつかむ考え方」


変化の理論(TOC)

チェンジ・エージェント メールマガジン

システム思考や学習する組織の基本的な考え方、ツール、事例などについて紹介しています。(不定期配信)
登録、解除は、下記のフォームにメールアドレスをご入力ください。(必ず半角でご入力ください)

登録  削除
powered by メール配信CGI acmailer

バックナンバー

2014/04/01〜現在