ページの先頭です。

ページ内移動用のリンクです。
このページの本文へ移動します。
グローバルメニューへ移動します。
サポートメニューへ移動します。
フッターメニューへ移動します。
ホームへ移動します。

Events & Seminars

ビジネス・シミュレーションでシステム思考を学ぶ(1) ベンチャー企業編

2021年10月28日
オンライン(Zoom)
カテゴリー: システム思考 , 学習する組織

ビジネスや組織運営における意思決定にシステム思考を応用するための実践力を磨く新オンライン講座を開催します

001278-03.jpg

システム思考は、人間の論理と情意の双方を含む全体性のアプローチを通じて、それぞれの人が大局、全体像、根本を意識して考え、効果的に行動するための方法論です。世界的に数多くの企業、政府機関、非営利組織などにおいて、変化にあふれる環境変化に対応し、複雑な事業・組織課題に対して戦略・方針策定に活用されています。日本においても、さまざまな社会課題解決、デジタル・トランスフォーメーションから、学習する組織などの進歩的な組織づくりなどの分野で注目を集めています。

チェンジ・エージェント社では、システム思考トレーニング基礎編及び実践編を17年に亘り提供し、参加者の皆様からご好評をいただいております。今回、さらなる実践力を磨くためにオンラインの新コースの開催にいたりました。集合研修では、人と人が集まることによって形成される社会システムの「場」を活用したインタラクティブ性と、また、本の通読ではわかりにくい体感を重視したコースを提供しています。

ベンチャー企業経営のビジネス・シミュレーション

成長市場ながら既存の大手がひしめく競争環境に、低価格とサービス品質で打ち出したベンチャーの経営陣たち。役員たちの才覚で、設備と市場を次々と開拓し、先進的な組織・人材方針で人材を惹きつけて、事業の拡大を図ります。あなたがCEOなら、どう戦略を策定し、また、変化する環境に適応していきますか?

本セミナーでは、参加者が数人毎のグループを形成して、ベンチャー企業を立ち上げるの経営を行うロールプレイを行います。主たる意思決定は、1)価格及び広告予算、2)設備投資、3)人員採用に関するもので、成長市場において既存・新規企業と競い合いながら、累積利益の蓄積を図ります。

モデルとなった企業は、ハーバード大学のケーススタディでも人気が高く、MITのピーター・センゲのベストセラー書『学習する組織(旧版:最強組織の法則)』にも取り上げられたピープル・エキスプレス社です。グループで戦略の論点を検討して、戦略仮説を構築して、シミュレーションを行います。

シミュレーションの結果について省察をして、構造的に分析を行い、新たな戦略仮説を構築します。また、事業環境、事業戦略、人財の相互作用についてループ図によって構造化する演習を通じて、特定状況における学びを別の状況への学びへとつなげると共に、システム思考の実践プロセスについても学びます。

成長市場において人材や設備の拡大を図る文脈で損益の責任を負う立場を訓練したい方、あるいはシステム思考を事業戦略の文脈で活用したい方に最適です。また、学習する組織やシステム思考に関して、さらに研鑽したい方にもお薦めです。

詳しくは、下記のセミナー要綱をご覧の上、チェンジ・エージェント社seminar@change-agent.jpまでお問い合わせください。

ピープル・エキスプレスについて

シミュレーションのモデルになっているピープル・エキスプレス社は実在した会社です。

CEOのドン・バー氏は、オリバー・ストーン監督によるヒット映画『ウォール街』のチャーリー・シーンが演じた主人公バドのモデルになった人物にもなりました。そして、マイケル・ダグラスが演じた凄腕経営者ゴードン・ゲッコーのモデルとなったのは、ドン・バー氏が独立起業する直前の上司、フランク・ロレンツォ氏という人物でした。

フランク・ロレンツォ氏は、結果を出すためには手段を選ばず力を行使し、「資本主義を悪者に変える経営者」との異名をもつほどでした。ドン・バー氏は、そのロレンツォ氏のもとでビジネスの成功の基本をたたき込まれながらも、ロレンツォ氏の人と人とは思わない振る舞いには強い葛藤を抱きます。起業した会社の理念として、社員を大事にして、社員の潜在パフォーマンスを最大限発揮することを目指す会社として「ピープル・エキスプレス」と名付けます。

募集要項

●セミナー名
ビジネス・シミュレーションでシステム思考を学ぶ(1) ベンチャー企業編

●日時
2021年10月28日(木) 9:30~16:30

●場所

Zoom会場(ブラウザ上でアクセスすることでオンライン接続できるソフト利用)

*ご受講においては、以下のインターネット接続する環境、機材のご準備をお願いいたします。

  • 動画カメラ、マイクを装備したパソコン及びヘッドホン/イヤホン
    *学びの設計上、タブレットや携帯端末のみのご受講はお控えください。
    なお、受講環境にご相談がある場合は事前にお問いあわせください。
  • ブロードバンド回線によるインターネット接続(目安:実質で上り/下り1.5Mbps以上)
  • Microsoft Edge, Chrome、Safariなどのブラウザーソフト
  • Google ドキュメント、Spreadsheetを利用できる環境
  • できるだけ雑踏や周囲の会話の少ない静かな環境

●プログラム

  1. はじめに/チェックイン
  2. 経営戦略演習「ピープル・エキスプレス」
  3. 経営戦略演習振り返り
  4. システムのパターンを確認
  5. ループ図によるシステムの構造化
  6. 学びの収穫
  7. チェックアウト

 

●推奨する受講対象者

  • システム思考を事業戦略や組織運営で実践したい方
  • 企業、NPO/NGO、政府機関などのリーダー、マネジャー、役員の方

●募集人員
24名

●参加費

  • 1名あたり38,500円(税込)
  • チェンジ・エージェント社システム思考セミナー実践編修了者は33,000円(税込)でご参加いただけます。

主催

有限会社チェンジ・エージェント

●講師

小田理一郎(チェンジ・エージェント代表)

お申し込み

以下のフォームより、必要事項をご入力の上、お申込みください。領収書が必要な場合は備考欄にお書き添えください。

申し込み票


入力例:foo@example.com

入力例:0312345678

請求書がご入用の方は、次にチェックし、空欄に希望の宛名をご入力ください。原本の郵送が必要な場合は、送付先のご住所と宛名をご入力ください。

当日ご利用予定の端末について教えてください必須

当日ご利用予定の端末の制限について教えてください必須

自分自身のパソコン等からオンライン会議・研修等への参加経験について教えてください必須

チェンジ・エージェント社のシステム思考セミナー実践編に参加したのはいつ頃でしょうか?(本セミナーの割引要件になります)

この研修コースのことをどこでお知りになったか教えていただけると幸いです。

入金確認を持ちまして正式な受付となります。ご入金確認後、受講票をメールでお送りいたします。(※フォームの送信ができない場合は、大変お手数ですが事務局 seminar@change-agent.jp まで以下の項目をご記入いただきメールでお送りください)

※受付確認後、参加費とお支払方法(振込口座)を記載した【仮受付票】をメールで送信いたします。入金確認を持ちまして正式な受付となります。

※お申し込み後、一週間たちましても返信が届かない場合は、送受信のトラブルの可能性がありますので、お手数ですがご一報いただけますようお願い申し上げます。 

お問い合わせ

(有)チェンジ・エージェント  担当 兒玉 
seminar@change-agent.jp /03-5846-9660  
【お願い】1週間たちましてもお返事が届かない場合は、メール送受信のトラブルの可能性がございますので、ご一報いたけますようお願い申し上げます。

公開日 2021.8.18

「バナーの概要」

チェンジ・エージェント メールマガジン

システム思考や学習する組織の基本的な考え方、ツール、事例などについて紹介しています。(不定期配信)
登録、解除は、下記のフォームにメールアドレスをご入力ください。(必ず半角でご入力ください)

登録  削除
powered by メール配信CGI acmailer

バックナンバー

2014/04/01〜現在