システム思考 セミナー

「システム思考トレーニング」2日間集中コース

日時 会場 受付 申し込み
2024年
7月2日(火)ー3日(水)
東京都内会場  募集中 申し込みページ
2024年
9月3日(火)ー4日(水)
東京都内会場  募集中 申し込みページ

「複雑な問題構造のツボを見抜く力をつけたい」

「望ましい変化を効果的に創り出したい」

「組織での知識共有を飛躍的に高めたい」

「グローバルな場面で、活躍したい」

こうした要望をもつ方にお勧めするのが「システム思考」です。

大局観・広い視野・新しい視点を提供する「システム思考」

システム思考は、グループや組織、社会などでのできごとをシステムの視点で捉え、その全体像とつながりに着目する新しいものの見方を提供する思考方法です。さまざまな複雑な変化がどのように生じるかを理解し、望ましい変化を起こすための手がかりを与え、また、組織の共通言語として目的や複雑な状況認識の共有を促すコミュニケーションに役立ちます。

目の前の問題への対処や自社視点ばかりで
動く企業は 持続可能性 を損なう

日々変化するビジネス環境の中で、「学習」が新たな競争力の源泉として注目されています。デュポン、フォード、ボーイングなどの欧米の企業では、目の前に迫り来る問題に対処したり、もっぱら自社視点ばかりで意思決定をしていたのでは、今日の複雑で不確実な時代において持続可能性を損なうという危機感を強めています。先見をもつ組織では、経営層から現場レベルまで幅広くシステム思考をトレーニング プログラムに取り入れ、活用することで、さまざまな衝撃に復元力をもち、時代の変化に適応していく「学習する組織」づくりに役立てています。こうした企業では、知識資本、人的資本、社会関係資本などの無形の価値を高め、同時に財務パフォーマンスの改善するなどの大きな成果を挙げています。

経営層から現場レベルまで、個人から社会まで、
幅広く応用できる思考法

システム思考は、開発、生産から営業まで、長期戦略から日々の業務、ひいては職場だけでなく家庭や地域コミュニティ、人生そのものまで幅広く応用いただけます。また、組織で導入したいという、経営者や人事担当者の方にも好評をいただいています。

ca_st_230422-140_2_yoshizawa.jpg
seminar_PB210016_crop1.jpg

システム思考トレーニング2日間集中コースは、システム思考の基本的な考え方とツールを習得し、「使いこなす」ための基盤を築くコースです。2日間連続の受講をお勧めしますが、ご都合に合わせてそれぞれ1日のみのご受講も可能です。※

1日目(基礎編)は、「経営戦略演習」を体験し、その体感を通じて、システム思考の基本的な考え方、ツール(ループ図等)を習得します。  

2日目(実践編)は、システム思考のプロセスに従い、自身あるいは自組織の課題についてじっくり考えます。自身の書いた時系列変化パターングラフやループ図について、講師や他の参加者との対話をもとに理解を深めます。ループ図をもとに行う、参加者同士での意見交換では、新たな視点やアプローチを発見するプロセスを体験します。

なお、コロナ禍を契機にオンライン用実践編プログラムを展開して参りましたが、コロナ禍以前は分かれていた実践編Aと実践編Bを復活することとしました。実践編AとBには以下のような共通点と相違点があります。

実践編A・Bの共通点と相違点

実践編A

実践編B

共通点

・システム思考の実践をイメージしやすい事例を紹介します

・ループ図ノックによって、基本ツールである時系列変化パターングラフとループ図の描き方を訓練します

・システム思考のプロセスに沿って、自身・自組織・自地域の課題にシステム思考を適用し、課題の構造や課題解決の方法を探求することによって、システム思考を実務的に進める体験をします

相違点1

導入ワーク、紹介事例、ノックの問題集は同レベルですが、それぞれ異なります。

相違点2

ストック&フローの構造を紹介します

2種類のダイナミック仮説からフィードバックを探究する方法を紹介します

相違点3

システムの働きかけについて、ドネラ・メドウズの「レバレッジポイントを見つける12の場所」の枠組みを活用して、探求します

システムの働きかけについて、ディヴィッド・ストローの4つのアプローチを紹介します

備考

プログラムが、実地集合研修で実施が最適のデザインとなっています

プログラムは、実地でもオンラインでもどちらでも提供可能です

2023年度は、実地の強みが活きる実践編Aは東京都内会場開催にて、形態問わず提供できる実践編Bはオンラインでも提供していきます。

初めて受講する方にとって、どちらのプログラムも同等に好評いただき、15年以上にわたって提供してきた実績がありますので、実地かオンラインかの制約やお好み、ご都合のつく日程を優先して選ぶことをお薦めします。

ca_st_230422-111_kitami.jpg
ca_st_230422-26_2_game.jpg

ca_st_230422-12_2_oda.jpg

コース概要

目的・意図

  • (基礎編)
     望ましい変化を創り出す力を身につける
  • (実践編)
     システム思考のプロセスを理解する
     システム思考のより上級の概念やツールを知る
     自分自身の課題にシステム思考を適用し、本質的な解決策を探る

プロセスの特徴

  • グループ演習、経営戦略演習などを通じて、頭と体で実感しながら学習する
  • 全員で「学習システム」を創りだす
  • 時系列変化パターングラフとループ図を共有し、メンタル・モデルを広げ、深める
  • 各自で自らの関わる課題に関してシステム思考のプロセスで検討する
  • 互いの事例から学びあう
seminar_ca_st_230422-87_2.jpg

期待される効果

  • 基礎編では、望ましい変化を創り出すために
    ・新しいものの見方が身につく~広い視野で、長期的、複眼的、戦略的なものの見方
    ・複雑な問題の「要素のつながりの構造」を診断できるようになる
    ・効果的な解決策、戦略を策定できるようになる
    ・組織内外でのコミュニケーションを推進できるようになる

  • 実践編ではさらに次のような効果を期待できます。
    ・課題に関するシステム構造的な理解が深められる
    ・新たな視点からの働きかけ/アプローチを考えられる
    ・時系列変化パターングラフとループ図をより実践的に使いこなせる

プログラム

1日目(基礎編)

  1. はじめに
  2. システムを体感するための経営戦略演習
  3. 経営戦略演習振り返り
  4. システム思考とツールの紹介
    -時系列変化パターングラフ
    -ループ図
  5. レバレッジのある働きかけを探る
seminar_ca_st_230422-20_2.jpg

2日目(実践編A/B)

  1. 導入 *実践編A/Bの相違点1
  2. ループ図ノック(ループ図を描く演習)
  3. システム思考プロセスの実践
    1)課題を設定する
    2)時系列変化パターングラフを描く
    3)ループ図を描く *実践編A/Bの相違点2
    4)働きかけを探る/レバレッジ・ポイント *実践編A/Bの相違点3
  4. 発表・討論
  5. まとめ・質疑応答

実践編A/Bの相違点
①実践編Aでは、実地ならではの学習ゲームを導入で行います。
 実践編Bでは、組織での実践事例をより掘り下げた導入を行います。
②実践編Aでは、ループ図の描く前にストック&フローの概念を紹介します。
 実践編Bでは、中核にあるフィードバック・ループ2種類のそれぞれに応じた描き方を紹介します。
③実践編Aでは、ドネラ・メドウズ「レバレッジを探す12の場所」を要約して紹介します。
 実践編Bでは、ディヴィッド・ストローのレバレッジを探す4つのアプローチ を紹介します。

(セミナーの効果を高めるために一部変更する場合もありますのでご了承ください)

講師

yoshizawa-shouji

吉沢 昇司

チェンジ・エージェント上級講師

eguchi-jun

江口 潤

チェンジ・エージェント講師

北見 幸子 kitami-yukiko

北見 幸子

チェンジ・エージェント講師

小田 理一郎 oda-riichirou

小田 理一郎

チェンジ・エージェント 代表
上級講師

兒玉 義徳

チェンジ・エージェント講師補佐

板橋 惟蕗

チェンジ・エージェント講師補佐

※ 実施日によって講師の組み合わせは変わります。
※ 講師のプロフィール一覧ページ

受講対象

このような方におすすめです

  • 自分や組織の課題について変化を創り出したい方
  • 企業などのリーダー・マネジャー・幹部の方
  • システム思考を組織で導入したい経営者、人事・人材開発担当の方
  • システム思考をはじめて学ぶ方、システム思考の基本を体得したい方
  • システム思考の書籍を読まれて、理解を深めたい方
  • 現場の問題解決や変革に関わる企業の方、教員の方、NPO職員の方

募集人数
20~24人

実施形態・時間

集合研修の場合
・1日目: 9:30-18:00
・2日目: 9:30-17:30

オンラインの場合
・1日目: 9:30-18:00 (オープンアワー18:20まで※)
・2日目: 9:30-17:30 (オープンアワー17:50まで※)
※オープンアワーはセミナー終了後、講師への質問や他の参加者との意見交換・雑談のためにお使いいただける時間です。

価格

77,000円(税込)※2023年上期までの料金

88,000円(税込) ※2023年下期からの料金

※「NPO職員の方」・「小中高教員の方」(フルタイムの方にかぎります)は参加費の30%割引制度がございます。割引きには事前審査がございます。NPO割引は特定非営利活動法人またはそれに準ずる方が対象となります。 割引を希望される場合は、必要書類・事前の確認事項をご案内しますので、お申込みフォームにチェックをお願いいたします。

※短期に集中したほうが学習には効果的ですので、2日間集中コースの受講を推奨しておりますがご予定に併せて、1日ずつの受講も可能です。実践編は、基礎編をご受講いただいた方、またはそれに準ずる知識をお持ちの方が対象です。

基礎編のみ  38,500円(税込)※2023年下期より44,000円に価格改定

実践編のみ  44,000円(税込) ※実践編のリピーターは33,000円(税込)

日時 会場 受付 申し込み
2024年
7月2日(火)ー3日(水)
東京都内会場  募集中 申し込みページ
2024年
9月3日(火)ー4日(水)
東京都内会場  募集中 申し込みページ

参加者の声

※前回までの集合型セミナーの感想を一部抜粋してご紹介します。

「複雑な問題点を解決する方法を、システム思考という考え方で教えて頂けて、理解がしやすかった。」

「システム思考を学ぶことで思考のクセや意思決定のクセを知ることができると思った。」

「はじめにワークショップをやり体感することで、問題事象を具体的に感じることができた。やはり本を読むより、ワークショップの方が理解度が上がる。」

「午前中のケースについて、ループ図を作成することでとるべき戦略を導き出すプロセスを理解することができた。」

「ケースをもちいてトレーニングすることで、システムループを書いて深く理解することができた。」

「最後にグループで相談しながら、ループ図を実践させることができて良かったです。実務レベルの説明を要所要所できくことができて良かった。」

「ループ図等ツールの使い方を体験として学べたのが良かったです。数値や頭の中で考えていることを図化することにより、目標達成へのアプローチを見つけられるのはよい。」

「普段無意識で考えていることを理論的に学ぶ事ができたのが良かった。また不足している知識を補完できたと思う。」

「問題の構造を明確にするループ 図 は、物事を分かりやすくする解決手法(思考)として、大変役に立ったと思う。このループ図作成については、個人ではやはり限界があるため、関係者(多数) で、できる限りの情報を列挙していく必要があると思うので、実施してみる時は、そのように進めたいと思う。」

「実際に考えているテーマをループ図にするプロセスでいろいろと気づきがありました。」

「自分の目標、課題について、実際にループ図を描き、現状を把握することができて良かった。また、ループ図を描く前に考えていた解決策では本質的な解決にはならないなど、ループ図をみながら考えることができて良い体験となった。」

「自分でループ図を使って、業務改善を行っていく自信がつきました。ループ図を書く上でのコツがつかめたような気がします。ループ図の効用(・・思考の見える化・深化)を実感できました。」

「実践編ということで、課題の設定が大事だと思っておりました。恥も外聞もなく、リアルな課題で取り組んだことで、実りの多い実習ができたように思います。」

「自分の書いたループ図について、不明な点を直接教えてもらうことができ、理解が深まった。」

「明日からすぐにでも仕事で使えるようなアイデアをたくさんいただきました。」

Mail Magazine

チェンジ・エージェント メールマガジン
システム思考や学習する組織の基本的な考え方、ツール、事例などについて紹介しています。(不定期配信)

Seminars

システム思考に関連するセミナー
募集中
システム思考に関連するセミナー
開催セミナー 一覧 セミナーカレンダー