ページの先頭です。

ページ内移動用のリンクです。
このページの本文へ移動します。
グローバルメニューへ移動します。
サポートメニューへ移動します。
フッターメニューへ移動します。
ホームへ移動します。

News & Topics

ピーター・センゲへのインタビュー(4)リーダーたちへの提言

小田が2011年6月下旬にアメリカで開催された「サステナブル・フード・ラボ」のサミットに参加した際に、
「学習する組織」著者のピーター・センゲ氏にインタビューし、4つの質問に答えていただきました。
ピーター・センゲ氏から日本の皆さんへの力強く暖かいメッセージを是非ご覧ください。


日本のリーダーたちに向けてのメッセージの中で、真のリーダーシップとは何かについて
お話いただきました。


ピーター・センゲへのインタビュー(4)リーダーたちへの提言

(※動画の右下にある字幕のボタンを押すと日本語のキャプションが表示されます。)

話し手: ピーター・センゲ(MIT上級講師・「学習する組織」【The Fifth Discipline】著者)
聞き手: 小田理一郎(チェンジ・エージェント、「学習する組織」共訳者)

日本のリーダー全般に対して、ご著書から、またはこの本の中でご自身が提唱されている手法から何を得たり学んだりしてほしいと思いますか? 日本のリーダーたちに向けて、どんなことでも最後にひとことお願いします。


ピーター・センゲ:
私は、リーダーの究極的な特徴、つまりリーダーであることを決定づける特徴は、役に立ちたいと願う気持ちだと常に思ってきました。それが見失われてしまうことがよくあるのですが、それは権力があったり、影響力があったりするためで、あるいは富があるせいかもしれません。リーダーになるとこれらがどれもついてくるのです。主には権力ですね。真に役立つ可能性のある何かが起こるのに手を貸す機会は少ししかないということを忘れてしまうのです。ですので、とりわけ悲劇が起こったときに人々は、これが本当に互いの役に立つことなんだということにはるかによく気づくようになるのではないでしょうか。

アメリカには、30~40年前に「サーバント・リーダーシップ」について書いたロバート・グリーンリーフというすぐれた作家がいました。この人は大きな影響を及ぼしました。人々の心に共鳴したんでしょうね。その精神である「リーダーであることは奉仕者であること」は、いまの世界でとても重要なことだと思います。なぜなら解毒剤が必要とされているからです。生態学的観点から私たちが自然に引きつけられがちな権力、影響力、富の魅力に対してバランスをとる必要があるのです。

ではそれを相殺するような働きをするのは何でしょう? それは、私たちには何と言ってもひとつの根本的な目的があるということ、そしてそれは人の役に立つことだということを知ることだと思います。グリーンリーフはずっとビジネスの世界で生きてきたのですが、そのことを知らない人がたくさんいました。グリーンリーフがずっと身を置いてきたAT&Tには、それを知っているリーダーが数人いました。ごく数人の並はずれた人たちがリーダーの立場から並み外れたことを成し遂げるのを目のあたりにしていたのです。

こういったリーダーたちをかたちづくり、彼らにめざましい効果をあげさせているものは何かについて、グリーンリーフは何度も何度も考えました。そして、それは理想主義であることではなく、極めて現実主義であることだという結論に達しました。自分の仕事は真に人々の役に立つことだと考えているリーダーたちは、面白いことにはるかに多くのことを成し遂げていたのです。そして人々は、それを成し遂げているのは自分たちだと感じていました。グリーンリーフは、結局のところリーダーの究極的な貢献とは、周りの人々が成長すること、それも人間的に成長することだと考えたのだと思います。

この原則を簡潔に言い表している言葉が老子の『道徳経』にあります。老子はその中で「悪いリーダーとは人々が軽蔑する人。よいリーダーとは人々が尊敬する人。偉大なリーダーとは人々に『自分たちの力でこれをやった』と言わせる人」と述べています。これこそが究極の貢献で、リーダー自身の姿は見えません。その状況にいないも同然になっているわけです。

私は常に、私たちが開く会合やワークショップなどでは、参加者全員が互いに感謝し合っているのが確認できればそれが最高だと思っています。それぞれが「リーダー役」だった人のところに言って感謝の言葉を述べる。すると「ところで、こちらもあなたの存在に感謝していますよ」と言う状況です。みんなが互いに感謝し合うのにとても忙しいのは、自分たちはものすごく特別なものを共同で生み出したという感覚をもっているからなのです。これこそが真のリーダーシップというものです。


ピーター・センゲへのインタビュー(1)第5のディシプリン
http://change-agent.jp/news/archives/000460.html
ピーター・センゲへのインタビュー(2)希望
http://change-agent.jp/news/archives/000463.html
ピーター・センゲへのインタビュー(3)日本の変化の担い手への助言
http://change-agent.jp/news/archives/000466.html
ピーター・センゲへのインタビュー(4)リーダーたちへの提言
http://change-agent.jp/news/archives/000467.html


関連書籍

◆「学習する組織―システム思考で未来を創造する
ピーター M センゲ (著),
枝廣 淳子 (翻訳), 小田 理一郎 (翻訳), 中小路 佳代子 (翻訳)
出版社: 英治出版(2011/6/22)

原著:The Fifth Discipline The Art & Practice of the Learning Organization
ピーター・センゲ『学習する組織』日本語版 訳者まえがき

関連セミナー

◆学習する組織リーダーシップ研修
http://change-agent.jp/products_services/training_program/lineup_lo_1.html


ピーター・センゲの紹介

マサチューセッツ工科大学の上級講師です。著書である『The Fifth Discipline: the Art and Practice of the Learning Organization』(『学習する組織―システム思考で未来を創造する』、英治出版2011年)は、ハーバード・ビジネス・レビュー誌より、­過­去75年間における最も優れた経営書の1つであると評価されました。

Business Strategy(1999年9月/10月号)では、センゲ博士を、「この100年の間に、ビジネス戦略上の最も大きな影響を与えた24人の1人」であると述べています。

難解なシステム思考の考え方を、経済や組織変化の理解を深めるためのツールとして使えるように構築し、世界各国で講演を行うと共に、ビジネス・教育・医療・政府の世界中の­­リーダーとさまざまな分野における実践に従事しています。
(紹介文:SoLジャパンホームページより)


システムアウェアネス
変化の理論TOC

チェンジ・エージェント メールマガジン

システム思考や学習する組織の基本的な考え方、ツール、事例などについて紹介しています。(不定期配信)
登録、解除は、下記のフォームにメールアドレスをご入力ください。(必ず半角でご入力ください)

登録  削除
powered by メール配信CGI acmailer

バックナンバー

2014/04/01〜現在