• 【チェンジ・エージェント】解説動画「フィードバック構造(3)自己強化型ループ」
2017/03/06 16:20:53

<<<<<<<<<<<<<<<<<<<<<<<<<<<<<<<<<<<<<<<<<<<

チェンジ・エージェント メールマガジン (2017.3.6)

「システム思考」「学習する組織」「持続可能な経営」の情報マガジン
http://change-agent.jp

>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>

(転送歓迎)
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
◆◇◆ 目次 ◆◇◆
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
【1】解説動画「フィードバック構造(3)自己強化型ループ」
【2】遠距離参加者割引のご案内
【3】チェンジ・エージェント・アカデミー組織開発アドバンスセミナー(I)ピーター・センゲの『学習する組織』に学ぶ
【4】その他現在募集中のセミナー

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
【1】解説動画「フィードバック構造(3)自己強化型ループ」
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
フィードバック・ループには「自己強化型ループ」と「バランス
型ループ」があります。

ある方向へ向かって、幾何級数的に減ったり、増えたりといった
挙動を示すフィードバック・ループを「自己強化型ループ」と呼
びます。悪循環や好循環という言葉で表現される構造です。

この構造は、いたる所でみられますが、今回は、「自己強化型ルー
プ」とはどのようなものか、身近な例を取り上げて解説しました。

▼動画はこちらから
https://www.change-agent.jp/news/archives/001045.html

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
【2】遠距離参加者割引のご案内
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
チェンジ・エージェントのセミナーでは、遠方より参加いただく
方も多くいらっしゃいますが、その際、受講費に加えて交通費や
宿泊費などが発生し、開催地周辺にお住まいの方に比べて経済的
な負担が重くなりやすいと認識しています。

本来、主要都市のそれぞれで開催できるとよいのですが、過去の
集客状況から、東京と大阪以外では最低催行に必要な人数が集ま
りづらく、開催を見合わせている状況です。

そこで、東京や大阪から遠く離れた場所の方でも参加しやすくな
るよう、旅費交通費の一部補助として新たに「遠距離参加者割引」
制度を設けることとしました。

遠方の方で、ご参加を検討されている方は、ご活用ください。

▼対象セミナーなど、詳しくはこちらから
https://www.change-agent.jp/news/archives/001036.html

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
【3】チェンジ・エージェント・アカデミー組織開発アドバンスセミナー(I)
   ピーター・センゲの『学習する組織』に学ぶ
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
組織開発をテーマに据えて、20世紀の経営を変え、21世紀型組織
の先鞭をつけたピーター・センゲ著『学習する組織』を読み解き
ながら、参加者自身の実践課題について対話する全6回の連続セミ
ナーを開催します。

学習する組織は「志を育む」「内省・共創的に対話する」「複雑
性を理解する」の3本柱で構成され、5つのディシプリンがあり
ます。それぞれのディシプリンについて、本の内容から浮かび上
がる洞察や問いについて議論し、また実践者同士の課題や悩みに
ついて対話することで「知る」「理解する」レベルから「できる」
「体得する」レベルを目指します。

進行は、日本語版共訳者であり、ピーター・センゲの進めるグロー
バルな学習コミュニティ展開、食料問題や環境問題などへのマル
チステークホルダー・プロジェクトなどで協働する小田理一郎が
担当します。

多くの実践者たちにとってその難解さのため書斎に積んでおきが
ちな本ですが、これを機会に是非ご一緒に学びませんか? 

【日時】2017年 4月24日、5月15日、6月5日、6月26日、7月10日、8月7日
    いずれも月曜日夜の19時から21時45分

【場所】 四谷、大手町周辺の会場を予定(各回によりいずれかで開催)

【価格】全6回・・・9万円+税(税込97,200円)
    単回 ・・・1回あたり18,000円+税(税込19,440円)
    ※本コースは遠方参加者割引の対象外です

▼お申込・詳細はこちらより
https://www.change-agent.jp/events/2017/001037.html

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
【3】その他現在募集中のセミナー
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
●システム思考トレーニング基礎編・実践編B
 【東京】3月21日−22日
https://www.change-agent.jp/events/2017/001034.html
 システム思考トレーニング基礎編・実践編A
 【東京】4月18日−19日
https://www.change-agent.jp/events/2017/001039.html

●組織開発セミナー「学習する組織5つのディシプリン」
 【東京】5月23日‐24日
https://www.change-agent.jp/events/2017/001038.html

●組織開発セミナー/リーダーシップ開発セミナー 「
 システムアウェアネス〜心理学ベースの行動変革」
 【東京】6月15日-16日
https://www.change-agent.jp/events/2017/001041.html

●「学習する組織」を導くリーダーシップ〜行動探求(アクション・インクワイアリー)〜
【東京】7月11日-12日
https://www.change-agent.jp/events/2017/001040.html


<<<<<<<<<<<<<<<<<<<<<<<<<<<<<<<<<<<<<<<<<<<
(c)2017 チェンジ・エージェント http://change-agent.jp

チェンジ・エージェント メールマガジンは、転送歓迎です。
ウェブ、印刷物への掲載はご相談下さい。

ご感想やコメントなどをお寄せ下さい。可能なかぎり、今後の情報発信に活用させて
いただきます。E-mail:info@change-agent.jp

本メールマガジン登録、解除は、下記ページのフォームよりお願いします。
http://change-agent.jp/news/archives/000655.html
またはinfo@change-agent.jpまでご連絡ください。

○伝説のファシリテーター、アダム・カヘンの新作
『社会変革のシナリオ・プランニング 対立を乗り越え、ともに難題を解決する』
<http://www.amazon.co.jp/o/ASIN/4862761852/changeagentjp-22>
○「世界が100人の村だったら」原案者がシステム思考をわかりやすく解説
『世界はシステムで動くーーいま起きていることの本質をつかむ考え方』
<http://www.amazon.co.jp/o/ASIN/4862761801/changeagentjp-22>
○事例中心の新しいシステム思考入門書 『もっと使いこなす!「システム思考」教本』
<http://www.amazon.co.jp/gp/product/4492532773?ie=UTF8&tag=changeagentjp-22>
○システム思考入門書『なぜあの人の解決策はいつもうまくいくのか?
―小さな力で大きく動かす!システム思考の上手な使い方』
<http://www.amazon.co.jp/gp/product/4492555757?ie=UTF8&tag=changeagentjp-22>
○システム思考教科書『システム思考―複雑な問題の解決技法』
<http://www.amazon.co.jp/gp/product/4492532633?ie=UTF8&tag=changeagentjp-22>
○組織・コミュニティづくりのバイブル『学習する組織―システム思考で未来を創造
する』
<http://www.amazon.co.jp/gp/product/4862761011?ie=UTF8&tag=changeagentjp-22>

○システム思考入門シリーズ及び学習する組織入門シリーズのアーカイブ
システム思考入門 http://change-agent.jp/systemsthinking/column.html
学習する組織入門 http://change-agent.jp/learningorganization/column.html

★twitter:https://twitter.com/#!/ChangeAgent_jp
★facebook:http://www.facebook.com/ChangeAgentInc.Japan
発行元:有限会社チェンジ・エージェント
東京都世田谷区船橋1-11-12産興ビル3F
TEL:03-6413-3760 FAX:03-6413-3762
<<<<<<<<<<<<<<<<<<<<<<<<<<<<<<<<<<<<<<<<<<<

 
powered byメール配信CGI acmailer